FHD-Cシリーズロボット減速機

FHD-Cシリーズロボット減速機

FHD-Cシリーズロボットギアボックスの概要


タイプ:FHD-10C〜FHD-500C
バックラッシュ:≤1-5Arc.min
比率:1 / 64.38〜1/219
容量:0.2kw〜15kw
回転方法:シャフトラン
定格出力トルク:98Nm〜4900Nm
中空ボディデザイン&直接出力。特にロボットのベース用に設計されています。

FHD-Cシリーズロボットギアボックスの型番表示


FHD-Cシリーズロボットギアボックス減速機の解説


FHT FHD-Cシリーズロボットギヤボックスは、中空シャフトを使用して設計されており、様々な産業市場の要件を満たすためにサーボモータに直接取り付けることができます。 TQGが開発したFHD-C減速機は、上記の完璧な解決策ですが、ほとんどの機械とロボットアームの第1軸は中空設計を求めています。 TQG FHD-Cサーボギアボックスの特徴は、より便利でアプリケーションに優しいことを示しています。

FHT FHD-C RV減速機は、バリ取り機、ポジショナ、工具マガジン、食品機械、化学工業、パイプ曲げ機械、スプリング/スクリュー/ナット産業、エレクトロニクス産業、オートメーション機器、スタンピングロボット、高精度4軸6軸機械アームとそれに関連する7軸と8軸のアプリケーション、HD減速機(ハーモニクス減速機)、HDギアボックス(ハーモニックギアボックス)に代わる下水処理装置です。最も低い比率は64:1で、最も高い比率は219:1まで可能です。

FHT FHD-C RV減速機は、ポジショナー、ツールマガジン、ロボットアーム、工作機械、5軸ヘッド、スイングヘッドなどに幅広く使用されています(参考用です)

FHD-Cシリーズロボットギアボックス仕様表