AT-FLダブル出力軸フランジ入力90度ギアボックス

AT-FLダブル出力軸フランジ入力90度ギアボックス

AT-FL直角ギアボックスの概要


比率i = 1〜500の単一段
ステアリングギアボックスのダブル出力シャフトタイプ
入力フランジ構成
選択AT-065FL、AT075FL、AT090FL、AT110FL、AT140FL、AT170FL、AT210FL、AT240FL、AT280FLの9つのモデル。
精度:速度比1〜5のバックラッシュは6分以内です。速度比7〜50のバックラッシュは8分以内です。速度比75〜500のバックラッシは10分以内です。
マックストルク:1700〜7500Nm、速度比1〜5(1段)。速度比7〜50(2段)の3600〜8000Nm。 6000〜8000、速度比75〜500(3段)

ATステアリングギアボックスのモデル番号の表示


AT-FL高精度スパイラルベベルギアボックスの解説


FHT AT-FLシリーズの遊星ギアボックスは、サーボ用途向けのサーボギアボックスの一種です。スパイラルベベルギヤ伝達機構を備えた直角の輪郭を特徴とする。またAT-FL減速機は、ダブルシャフト出力とフランジ入力構成で設計されています。彼らはまた、伝送ソリューションのアプリケーションで広く使用されています。

AT-FLダブル出力軸サーボギアボックスの特長


●コンパクト構造の高トルク・低バックラッシュ設計は、
精密サーボの応用。
●一体型のステンレススチール製ボディは、最大の剛性と耐食性を保証します。組み立てが容易な複数の精密機械加工面。
●複数のステンレス鋼の出力と入力軸の設計は、様々な産業アプリケーションのニーズに適用することができます。
●高精度砥石ベベルギアセットと遊星歯車セットの最適設計により、500:1までの減速が可能です。
●特許取得済みのオイルシール設計、潤滑油を交換することなくメンテナンスフリー
、長寿命です。
●トップスパイラルウォームギヤ設計ソフトウェアと最適化された接触面設計により、均一な荷重が得られ、高トルク出力が可能です。
●歯車は高強度の浸炭合金鋼でできており、研削精度はDIN 5レベルの基準までです。

AT-FL減速機の適用


FHT AT-FL直角スパイラルベベルギアボックスは、精密なモーションコントロールが必要な半導体液晶製造装置、ロボット、工作機械などのフロンティアに広く使用されています。

AT-FLステアリングギアボックスカタログ


- トップナビゲーションバーに完全なカタログをダウンロードする