AT-FL1 / FR1高精度90度サーボギアボックス

FR1高精度90度サーボギアボックス

AT-FL1 / R1減速機の概要


単軸出力構成。
選択のための右(AT-FL1)または左(AT-FL1)出力軸。
縮小率が1〜500の3段階。
1ステージと2ステージのステアリングギアボックス用の9つのモデル、3ステージのリデューサー用の6つのモデル。
サーボギアボックスのフランジ入力タイプ。
異なる減速比で6〜10 arcminのバックラッシュ。
最大8000Nmの高トルクと98%の高効率。

ATFステアリングギアボックスのモデル番号の表示


AT-FL1 / FR1高精度サーボギアボックスの説明


FHT AT-FL1 / AT-FR1シリーズの遊星歯車装置は、単一の出力軸とモータ側のフランジ付き入力構成のサーボ減速機です。 AT-FL1 / AT-FR1は、スパイラルベベルギアを備えた直角ギアボックスで、高精度と高いラジアル荷重容量に貢献します。これらは、市販されているサーボモータとステッピングモータのすべてのブランドで幅広く対応しています。

直角ギアボックスの3つの段階が利用可能です:

1段階(減速比i = 1〜5)

モデル:AT065 FL1 / FR1、AT075 FL1 / FR1、AT090 FL1 / FR1、AT110 FL1 / FR1、AT140 FL1 / FR1、AT170 FL1 / FR1、AT210 FL1 / FR1、AT240 FL1 / FR1、AT280 FL1 / FR1。

2段階(減速比i = 7〜50)

モデル:AT065 FL1 / FR1、AT075 FL1 / FR1、AT090 FL1 / FR1、AT110 FL1 / FR1、AT140 FL1 / FR1、AT170 FL1 / FR1、AT210 FL1 / FR1、AT240 FL1 / FR1、AT280 FL1 / FR1。

3段階(減速比i = 75〜500)

モデル:AT110 FL1 / FR1、AT140 FL1 / FR1、AT170 FL1 / FR1、AT210 FL1 / FR1、AT240 FL1 / FR1、AT280 FL1 / FR1。

Q.なぜ精密遊星減速機の出力が小さすぎるのですか?


精密遊星歯車装置の出力が小さすぎると、シャフトが壊れやすくなります。そして、この状態に簡単につながる理由は何ですか?

まず、誤ったモデル選択により、搭載されている精密遊星歯車減速機の出力トルクが不足する。モデルを選択すると、選択された精密遊星減速機の指定されたトルクが作業要件を満たすことができる限り、それは大丈夫になると誤って信じていたユーザーもいました。実際はそうではありません。まず、適合モータの定格出力トルクに、原則としてカタログ上の類似の遊星減速機の指定出力トルクよりも小さくなければならないデータに等しい減速比を乗算する。第2に、駆動モータの過負荷容量および実際に要求される最大作動トルクも同時に考慮する必要がある。理論上、ユーザが必要とする最大操作トルクは、遊星減速機の定格出力トルクの2倍未満でなければならない。

AT-FL1 / AT-FR1カタログ90度減速機


- トップナビゲーションバーに完全なカタログをダウンロードする