Pシリーズ高トルク遊星歯車装置

Pシリーズ高トルク遊星歯車装置

Pシリーズ遊星歯車減速機の概要


モジュラー設計を採用しています。
原材料の高品質による高い信頼性。
高い負荷容量と優れた冷却機能
同軸伝送設計。
選択肢の幅広いアクセサリー。
さまざまな比率で高効率。
優れた漏れ防止性能

Pシリーズ遊星歯車減速機の説明


Pシリーズ遊星歯車減速機は、インボリュート遊星歯車駆動を採用し、内外の噛み合いと動力伝達を合理的に使用します。したがって、軽量、小型、幅広い比、高効率、安定走行、低騒音、強い適応性。

モジュラー設計は、顧客の要求に応じて異なる組み合わせを進めるために採用されています。
ギアボックスはダクタイル鋳鉄製で、ギアボックスの剛性と耐衝撃性を大幅に向上させました。
ギヤボックス内のサンギヤ、プラネタリギヤ、インナギヤリング、スパイラルベベルギヤはすべて高硬度と耐摩耗面を実現する制御雰囲気浸炭焼入プロセスで処理されています。熱処理後、すべての歯車が研削され、騒音を低減することができ、歯車減速機の効率および耐衝撃性が改善される。
遊星歯車減速機の入力方法:同心軸入力、はすば歯車入力、かさ歯車 - はすば歯車入力、かさ歯車入力。
出力方法:内スプラインタイプ、中空シャフトシュリンクディスクタイプ、外スプラインタイプ、中実シャフトフラットキー。
設置形態:水平設置、垂直設置、トルクアーム設置。
Pシリーズ遊星歯車減速機は9-34タイプの仕様で設計されています。遊星伝送グレードは2と3のグレードに分かれています。減速比は25〜4000であり、RまたはKシリーズで遊星減速機を使用すると、より大きな比が得られます。

モータ接続方法の例

仕様


全体寸法


Pシリーズ高トルク遊星歯車機構3